食物アレルギー

食物経口負荷試験

卵を食べたら口周囲に発疹が出て、
検査をしたら「陽性だから、6か月間除去してください」「〇歳〇か月まで除去してください」などと指導を受けている例が結構あります。
陽性だからといって完全に食べられないわけではありません。
例えば、卵を5g食べると発疹が出るけど、2gだと発疹が出ないなんていうことはよくある事です。
負荷試験を行うことによって、安全に食べられ量を知ることができます。
食べられる量を一定の期間続け、徐々に量を増やしていきます。
最近の研究では食べる時期を遅らせることより、早期に食べさせたほうが食物アレルギーを予防できることが報告されています。

アレルギー専門医ではありませんが、詳細な問診と、必要なら早期に経口負荷試験を行い積極的に食物の摂取を勧めています。

可能ならお母さんが仕事に就く前に負荷試験を行い、ある程度の量を食べられるようにしてあげたいものです。お母さんの仕事が始まって、休んでまで負荷試験ができなくなってしまうと、そのまま食べられなくなってしまうことが多いようです。